2016年01月15日

今夜はワイン、それとも地酒にお越しいただき有難うございます。


長い間こちらでブログを書かせていただきました。
2005年7月にブログを初めて書いて以来ずっと・・・

最近はフェイスブックが登場してブログの更新が
減ってしまいました^^;

今後はこちらで頑張って更新していきますので、
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

http://yumewine.com/okei/




yumewaine1211 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!okeiのこと 

2015年08月20日

8月のワイン教室その2 壮大な能登ワインの畑を見てその後はぶどう棚の下で美味しいランチを楽しみました。


8月のワイン教室の続きです。
穴水駅に到着し、お迎えのバスに乗って能登ワインの畑へ。
穴水駅から20分〜30分はかかりますね。
その間 当店店長マダム櫻子がワインのレクチャーを。
皆さん時々笑いながらも真剣に聴いてくれていました。

能登ワイン

能登ワインのぶどう畑に到着!
可愛いぶどうちゃんたちです。

能登ワインの畑ではヤマソービニオンという品種が
1番ぴったんこで、すくすくと育っていました。
ぶどうの樹も太くなっていて10年以上は経っています。

※ヤマソービニオンとは、山梨大学の山川教授が、
日本の風土に合ったぶどうの品種改良を試み山ぶどうと
カベルネソーヴィニヨンの交配に成功し改良した赤ワイン品種

能登ワイン


8月に畑に来ることは初めてのおけいは、
まだ熟していないぶどうを見て感動。

緑の中にだんだん熟し始め、紫になっていくのが面白いです。

能登ワイン


とっても暑い日が続いていましたが、ぶどうにとってはこの暑さがいいとか。
きっと美味しいぶどうが収穫できるでしょう。

参加者の皆さん暑い中ぶどうを見ています。

能登ワイン

ぶどうの前に皆さん記念撮影です(^^)v

能登ワイン

またバスに乗って能登ワインさんへ。
まずは村山社長さんのお話。

当店店長のマダム櫻子とは、長いお付き合い。

能登ワイン

醸造場の中を見学。

能登ワイン

当店の担当丸山さんが一所懸命説明してくださります。
ちなみに手に持っている「クオネス」は、最高級でとても貴重なワインです。

能登ワイン

続いてお楽しみのぶどう棚の下で昼食。
とても暑い日でしたが、吹く風がとても心地よくあまり暑さを感じませんでした。

兜小学校の跡を利用して6人のおかあさんが不定期にする学校食堂で
作ったお弁当をいただきました。
 
地元の食材を使った地産地消の懐かしい御飯とおかずです。
結構ボリュームたっぷりだけど、優しい味で、全部いただくことが出来ました。
能登ワインにぴったんこなのはびっくり!

能登ワイン

今日の楽しみは「クオネス」の赤と白

各テーブルにメルローとサンジョベーゼの色も加わりかなり豪華。
4〜5人で4本飲めるのですから・・・

皆さん良いお顔しています(^^)v

能登ワイン能登ワイン

能登ワイン 能登ワイン

クオネスの白(シャルドネ) 大人気!
クオネスとは、能登ワインの畑で上質なぶどうだけで造り樽熟成させた
最高級のワインです。今年はじめて白が登場です。

まったりとコクのある味わいでありながら酸のバランスが良く飲みやすい。
おかあさんが手作りの鯖の酢飯にぴったんこでした。
和食にあって地元の食材とは本当によく合いました。

能登ワイン

 クオネスの赤(ヤマソービニオン)
限定、1376本
美味しい!素直においしい!
上品で重みがありながらもす〜っと身体に馴染んでくれる。
能登で作られたぶどうだから能登人の口には合うのかなと思うほど。

マダムは穏やかな飲み口で上品そしてエレガント。
ぶどうの樹がしっかり育ってきた証です。
これからますます良くなると思います。
【良いワインは良いぶどうから】
正にその通りです(^^)v

能登ワイン

 ぶどう棚の下でぶどう畑を見ながらワイングラスを片手にとても満足!
大地の恵みに感謝した一日でした!

能登ワイン








にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


8月のワイン教室その1「のと里山里海号」に乗車して楽しみました。

8月のワイン教室は、能登ワインさんの依頼で
のと鉄道の「のと里山里海号」の乗って穴水へ向かいました。

のと里山里海号

特別列車の「のと里山里海号」はそれは素敵でした。
ワイン教室ですから乗ってすぐ能登ワインのロゼで乾杯!
穴水までの風景を愉しみながらゆったりと乗車します。

のと里山里海号

車内は能登に息づく伝統工芸品がさり気なく飾られています。
組子に輪島塗り

のと里山里海号

なんとお手洗いには、能登島のガラス工房で作られたものが。
手を洗うのがもったいない(笑)

のと里山里海号

途中で、能登中島駅に停車し、全国的にも珍しい鉄道郵便車「オユ10」の見学

のと里山里海号

中はとっても懐かしい感じです。
おけい50代、高校時代を思い出してしまいました^^;

のと里山里海号

ワインを飲み車掌を愉しみながらアテンダントさんのガイドでそれは楽しい
時を過ごすことが出来ました。

のと里山里海号

のと里山里海号


ワイン教室のメンバーの皆さんです(^^)v

七尾から穴水までの電車の旅。普通は40分のところ1時間10分のゆったり運転。
車中を愉しみながら皆さんとてもいい気分だったようです。

のと里山里海号のと里山里海号

のと里山里海号のと里山里海号

のと里山里海号のと里山里海号

穴水駅に到着!
そこで更に驚いたことが。

穴水の皆さんが私達を歓迎して踊りを披露してくださったのです。
それがまた綺麗で楽しくって思わず皆さん立ち止まって見惚れていました。

のと里山里海号


能登ワインさんの畑へ行くバスが待っていました。
皆さんはそのバスに乗ってレッツゴー     
                                        続く。





  にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


2015年07月23日

7月のワイン教室<夏のワイン>

久しぶりにワイン教室の記事です^^;

7月はなんにもしなくても暑い夏。
ということでワインで夏をリフレッシュ!!!

まずはWelcomeを音楽を聴きながら愉しみました。
説明はNorisukeこと西田酒店4代目西田稚啓です。
このWelcomeDrinkが、今回のワイン教室では一番人気!
少々甘さがありながらスッキリ飲める。
グラスに氷を入れてワインを注ぐと更に美味しくなるだろうな。

マダム櫻子のワイン教室

心地よい音楽を聴き喉を潤したあとはマダムの講義

マダム櫻子のワイン教室

夏におすすめ白ワイン。
白ワインのすんごいところ。
白ワインを使ってのカクテル。
夏の赤ワイン
飲んで満足他にもある赤ワインのもたらす効能

の話をして、早々にテイスティング。

今月は5本。(左から。一番左はWelcomeDrink)
1,SparklingWine :シャンドン  オーストラリア ブリュット
2,Vin Rouge:ノンフィルター ボジョレー ヴィラージュ プリムール2014
3,Vin Rouge:ラ カーヴ ド ジゴンダス ジゴンダス・シグネーチャー2001
4,Vin Rouge:シャトー モン・ルドン シャトー ヌフ・デュ・パプ2004
5,VINO FRIZZANTE:アランチョ ビアンコ

マダム櫻子のワイン教室

やっぱり夏ですね。白ワインが大人気!
ですが、赤も侮れませぬ。
1のワイン、ジゴンダスは 
2001年もの。諸々の要素が熟成によりとてもまろやかで
ぶどう由来の甘味・旨味となめらかなタンニンとのバランスが
土用のうなぎによくあうそうで。本当にその通り!だと思いました。

土用丑の日、鰻の日にジゴンダスはおすすめです。

マダム櫻子のワイン教室

5のワイン 「アランチョ ビアンコ」
今回は泡で始まり泡で終わる。
最後に泡のワインで皆さん驚いていましたがこれがなかなか!
満足されてようで、マダムはしてやったり(笑)でした。

マダム櫻子のワイン教室

今回のお料理は「欧風食堂epice」さんにお願いしました。
ワイン教室用に、一口ずつセッティングしてくださって感謝の限り。
人参サラダはマダム手作りですが、それ以外はepiceさん作。
焼肉ひでくら」さんからの差し入れの秘密のジャキーもありで、
それは豪華なお料理となりました。

マダム櫻子のワイン教室

チーズは
イタリアのパルメジャーノレッジャーノと
ブリア・サヴァラン
干しぶどう付き

マダム櫻子のワイン教室

今回はコの字型で座ってみましたところ、皆さんの顔が見えて
なかなか新鮮で楽しかったです(^^)v
マダムも一緒に座ってティスティング。でもすぐに立ち上がりましたけどね。

マダム櫻子のワイン教室


参加者の皆さんが笑顔になるとこちらも嬉しくなります(^^)v
ご参加いただいた皆さんには感謝です。
ありがとうございましたm(__)m





 にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


2015年07月09日

ご無沙汰していました^^;


半年ぶりの投稿です。
ネットの世界はやることが増えすぎてテンパイ状態のおけいでした。
それに加えてちょうどお肌…ではなくって身体の曲がり角なのかな。
3月4月5月6月と39度超えの熱。もう一生分の熱が出たかも(笑)
咳がずっと止まらず、声もハスキー状態…

病院のお薬も終わり、漢方薬も飲み終えてもスッキリしないですが、
今は自然治癒力で治そうと思っています。

ワインはスッキリ治ってから飲もうと思ったのですが、我慢できず
赤ワインは身体にも良いと言い聞かせ飲んでいます^^;
ワインが美味しいと感じているからきっと身体は治っているんでしょうね。

そうそう嬉しかったことが!おけいのブログもう誰も見てくれていないだろうな
って思っていたのですが、「最近更新していないけどどうしたの?」と、
言ってくれる友人がいて、これはほそぼそとでも更新しないとって思いました。
友人によ〜見てくれててありがとうね(*^_^*)

写真は、前回開催されたロワールワインセミナーのワインたち。
初夏にピッタリのロワールワインは参加者の方々にも喜んでいただけました。

ロワールワインセミナー


おけいが美味しいなと思ったのは
ミュスカデ セーブル・エ・メーヌ エクスプレッション ドルトネス 2013

DSC06079

毎年この時期になると飲みたいな♬と思うワインです。
キリリとしていて喉越しは最高!しかし深みがあり余韻も楽しめます。

そんなわけでこれからもどんどんワインやおけいのひとり言をつぶやいて
いきますので、今後共どうぞよろしくお願い致しますm(__)m





にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


2015年02月19日

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造その2


若鶴酒造さんの蔵見学の後は、大正蔵で試飲そしてお楽しみの大宴会です(^o^)v

まずは大正蔵の見学。どこから見ても蔵って分かります。

若鶴酒造 大正蔵

大正11年に建設し、平成25年に改修工事を行っているので、とても綺麗で
耐震性がしっかりして、おしゃれな蔵でした。

大正蔵とは<以下パンフレットより>
時を超え、心酔わす空間へ。
かつて多くの蔵人が丹精込めて酒を醸した由緒ある蔵。
その92年という時間の流れに今、新たな息吹がもたらされました。
人々を心地よく酔わせるという酒蔵の魂はそのままに。

若鶴酒造 大正蔵

若鶴酒造の歴史を紹介。

若鶴酒造 大正蔵

蔵の中はこんなかんじです。

若鶴酒造 大正蔵

そして試飲です。
お酒それぞれ、どれも個性があって美味しかったです。
皆さんの好みも色々〜楽しませんていただきました。

若鶴酒造 大正蔵

若鶴酒造 大正蔵

気に入ったお酒はここで購入できます。
皆さんそれぞれにご購入されていました。

さて、大宴会。
いつもは会場を変えるのですが、今回はこの大正蔵で食事ができるところが
あるということで、若鶴さんのお酒を購入し、お弁当をお願いして盛り上がりました。

若鶴酒造 大正蔵

杜氏さんとマダムの話も盛り上がっているようです。
お酒が光っていますね。お食事とぴったんこです!

若鶴酒造 大正蔵

お弁当も美味しかったです(^o^)v

若鶴酒造 大正蔵

とても楽しく心もお腹も満足しました。
人々を心地よく酔わせてくれた大正蔵でした。

最後に若鶴酒造の社長さんはじめスタッフの方々と参加者の方々と記念撮影。
皆さんいいお顔していますね。

若鶴酒造 大正蔵


おかげ様で、皆さんとともに素敵な時間を過ごすことが出来ました。
心より感謝申し上げます\(^o^)/







にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


2015年02月17日

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造その1

2月も後半。2015年もあっという間に過ぎていきそうな予感。
やるべきことがたくさんありすぎて大変だけど充実しているって
とっても幸せなことですよね。

さてさて、今年の「しぼりたてを飲みに行こうぜ〜ツアー」の行き先の蔵は、
富山県砺波市の若鶴酒造さんです。

たまには富山もいいね。ということで出発!
七尾は地理的に、奥能登や加賀方面へ行くよりも富山県が近いのです。

いつもバスの中で予習していくのですが、時間がなくってパパっと済ませました。

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造

途中の雪景色がとっても綺麗(^o^)v

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造

トイレ休憩もなく、1時間ちょっとで若鶴酒造さんへ到着しました(^o^)v 
まずは素晴らしい改修工事をしたばかりの大正蔵で、若鶴の社長さんのご挨拶。

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造

続いて杜氏さんのお話。

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造

そして感動のビデオを観ました。
創業が文久2年。若鶴さんの歴史に刻み込まれた息を感じました。

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造


そして蔵を案内されました。
酒米を洗うところからお酒になるまでの工程を説明

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造

最後に発酵槽へ。
お酒はまだ生きています。
ぶくぶくと発酵しているのです。

顔を近づけるだけで強烈な香りが。
この中に落ちたらまず即死!だそうで、皆さん恐る恐る覗いていました。

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造

ぶくぶく発酵している状態撮れてよかった(^o^)v
(下の方に気泡が見えるよね〜)

毎年この場所での撮影は緊張します!

新春蔵巡りツアー2015 IN 若鶴酒造


杜氏さんの熱い思いを聞いた後は、大正蔵で試飲です!

皆さん足取りが軽くなります(笑)

本日はここまで。次は大正蔵と試飲の様子です!









にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします