2007年10月27日

ポム・ド・イヴ

プライスカードちょっと心の中がどんよりしていたけれど、メール仲間から

そんな時はジタバタせずに割り切って時の「流れ」に逆らわずにいます。そのような時でも状態のなかでも、自分にやれることだけは、やるようにしてますが・・・・

と、メールをもらった。

大した問題でもないのに、真剣に受け止めて自分の体験を話してくれたのが嬉しくて・・・ありがとう!Sさん

ポム・ド・イヴで、とにかく今やれることをもくもくしようと思った。よねちゃんが全商品のプライスカードをバーコードつきに書き換える作業をしているのでお手伝い。商品の量がすごいので作業も大変だが、普段の仕事もしながら何も考えずにもくもくとしている。

商品の見直しも出来るし、整理も出来る。面白いブランデーを見つけたのでアップしてみた。

「ポム・ド・イヴ」ビンの中にりんごが入っている。りんごブランデー漬け。

どうやってりんごがビンの中に??これを考えるだけで余計なこと考えずにすみそう(笑)



「ポム・ド・イヴ」説明書によると

ノルマンディは、りんごの産地として知られています。ヴァイキングたちがこの地に定住し、シードルすなわちりんご酒を作り始めました。そしてこのシードルを蒸留したものがカルヴァドスです。

カルヴァドスの名は、16世紀中ごろスペインの無敵艦隊の主艦「エル・カルヴァドール」がノルマンディ沖に座礁したことに由来しています。これが現在では、酒名だけでなく地名にもなっております。

カルヴァドスは、コニャック・アルマニャックと並び、世界三大ブランデーの1つといわれています。蒸留はコニャック同様、シャランド型単式蒸留機が使われ、長期間の樽熟成を経て、まろやかになっていきます。

原料がリンゴと言う事で、他の二つのブランデーとは違う独特の芳香を持ち、特にこのポム・ド・イヴは、丸ごと一個のりんごの実が、ブランデーと溶け合い筆舌に尽くせぬ香りと味わいを醸し出す逸品です。

で、マダムにきいたら、このりんご小さいうちにビンに入れてそのまま成長させたとか・・・お見事。



yumewaine1211 at 16:48│Comments(5)TrackBack(0)clip!商品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kiyomi   2007年10月27日 17:38
うわーなんか欲しい!(笑)ワタクシの物欲食欲にピンポイントだ〜!
洋酒はあまり飲めないのですが、炭酸で割ったりして飲んでみたいわあ。
2. Posted by とっちゃん   2007年10月27日 19:19
うっそ〜!?という感じです。
猜疑心の強い私は、
「小さな林檎が大きくなったって・・・」??
尊敬するマダムのお言葉でも、
信じられないわ〜!
瓶の口の大きさが見たかったな〜!
3. Posted by おけい   2007年10月28日 23:07
@kiyomiさんへ
ピンポイントになってうれしい!
kiyomiさんは焼酎が好きなので、同じ蒸留酒である
洋酒は大丈夫だとおもいますよ。
ブランデーは特に飲みやすいですよ。
HPにアップしていませんが、お値段8000円なり。

@とっちゃんへ
驚いちゃいますよね(笑)言葉が足りませんでした。
木に生っている小さいリンゴをビンにいれて
ビンと一緒に成長させて、大きくなったら切って
消毒して、ブランデーを入れるそうです。
この地方のリンゴの木にはビンもぶら下がっているのでしょうね?
もう一度調べてみまーす!
4. Posted by ティコティオ   2008年05月01日 08:44
ポム・ド・イヴのようなリンゴを中に入れるのには

リンゴの木の花のつぼみの付いた段階で

花を瓶の口から中に入れます、

そしてその瓶を逆さまにして雨が入らないようにし

ますそして見の大きくなるのを待ちます・・・・・

仕上げにカルヴァドスを注ぎ完成です。
5. Posted by おけい   2008年05月01日 18:31
@ティコティオさんへ
コメント有難うございます。
すごいですね。
お店で販売しながら感動してます。
観賞しているだけで満足かも。
手間がかかっている割りにお値段お手頃なのよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔