2007年11月26日

幸寿しさんで至福の時

先日勤労感謝の日に幸寿しさんで至福の時を過ごした。写真を撮る間もなくお口に入っちゃったものもあるのでほんの一部をアップしちゃいます。

幸寿し2

幸寿しさんの娘有子ちゃんおすすめの「能登牛」のお寿し。お寿しやさんでいきなり「牛」を注文したおけい。

お肉としょうがと寿し飯がバランスよくマッチして、うんこれはいける♪

幸寿し3幸寿し5イカは柔らかいし、アジはキトキト。

こんなにたくさん赤貝がのっているお寿しは初めて。

そして!珍味「からすみ」ががでてきた〜〜〜〜

熱燗主人が、「こんなまいもんでて、ここで酒飲まんかったらずっと後悔すっぞ。飲んでいいわいや」と、七尾弁でありますが、飲む許可が出たので飲んじゃいました。

 

幸寿し4

これ〜〜〜スズキの白子。

まったりと口の中でとろけて、熱燗に最高!

写真撮れなかったけれどアナゴも口の中でとろけちゃいました。

幸寿し幸寿し1

 

 

 

 

 

 

↑なかなか口に入ることが出来ないもの。今なら幸寿しさんへ行けばいただけるかも。

卵焼き

そしてこれ!おけい一押し商品。

卵焼き。その名のとおり卵焼き。

この卵焼き、ほんのり甘くてたまごの味がお口の中にふわ〜っと広がり、何かとっても幸せな気分になったの。

女将の弥栄子さんが、毎日心を込めて焼いているとか。何層にもなっていてじっくりじっくり焼くとのこと。あわてたり、焦ったりしちゃったら上手く焼けないんだろうなぁ〜。ネットでも注文できますよ。手間隙かけてこのお値段も驚き!

楽しくおいしい時間を過ごすことができて本当に感謝している。

お店ばたけの大先輩に感謝である。



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1.  キトキト  [ 本ナビ!by Tamecom,幸寿しさんで至福の時 ]   2007年12月14日 21:07
 最近、家族間での殺人−殺伐とした事件が目につく。子離れできない親、親離れできない子が多いと聞くが、悲劇の一因にはこうした問題もあるだろう。  これは、女手ひとつで2人の子どもを育て上げた斎藤智子(大竹しのぶ)が、家を出ようとする息子の優介(石田卓也)に...

この記事へのコメント

1. Posted by 弥栄子   2007年11月28日 17:18
おけいさん、先日はどうもありがとうございました。
そして、こんなに沢山、宣伝までしていただいて、本当にありがとうございました。
2. Posted by おけい   2007年11月29日 18:29
弥栄子さんへ
コメント有難うございますm(__)m
食べちゃった後にあ!撮り忘れた!って・・・残念。
主人も気に入ったみたいなのでまた食べに行きますね〜。
卵焼きは本当にほんとに美味しくて幸せな気分になりました。
家に帰ってもまだ温かかったんですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔