2007年12月10日

クリスマスケーキに極甘口ワインが合うワケ

さてさて、今日もクリスマスパーティにちなんだマダムのお話が続きます。

デザートワイン1クリスマスパーティで、チーズ・ケーキやフルーツが出る頃となれば、食事の〆

最後に持ってくる飲み物は、〆にふさわしく濃厚な味わい、または高濃度のアルコールであるべし。

例えば極甘口のワイン、甘いリキュール、アルコール度数の高いブランデー、苦いコーヒーなど。

スイーツ&ドリンクをおろそかにすると中途半端なパーティになってしまう。

何事も〆が肝心。

甘いワインと甘いケーキ・フルーツなどあわせて食べるもよし。

デザートワイン2スイーツがなければ甘いワインと蜂蜜がけのチーズを代用してもよし。

甘さと甘さが出会うとその甘さが打ち消されて、自然な酸味と爽やかな後口があらわれてくる。

シャキッとしたうまみが残るのだ!

これをマダムは、クリスマスのマジックと呼んでいる。

甘さ×甘さ=スッキリ爽やかなうまみ

↑スイーツを口に含んで極甘口にワインを飲むと・・・あら不思議!
↑やってみたらとりこになりますよ〜。

そしてまた、濃い味のものが出るとこれで終わりだよ〜と、胃袋への合図にもなり、胃の方は仕事をやめる。

ただただ心地よい満腹感と満足感が広がっていくのである。

♪メリークリスマス&ハッピークリスマス



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔