2008年09月30日

一度飲んだら忘れられない「ペルレ」を今年は能登ワインさんでいただく

七尾スタンプ会イベント旅行 その2

昨年9月9日岩の原ワインさんで初めて「ペルレ」を飲み、とりこになってしまったおけい。

「ペルレ」とは葡萄を仕込んで早いうちの、アルコール分が1〜5%位のまだワインになりかけ途中のベビーワイン。

ペルレ

ビールのような泡立ちが葡萄のフレッシュな甘みや酸味とあいまって、1度飲んだら忘れられない味わい

今回能登ワインさんでいただけるということで、と〜〜〜っても楽しみにしていたのだ!コレが目的で必死に体調を整えたかも(>_<)

今回はシャルドネ種のペルレをいただいた。ペルレの動画はこちら↓

ペルレは、飲んで見なければわからない味。

何と言ってもぶどうの香りが濃厚で、炭酸も入っているので酎ハイのもっとライトのような、しかも上品で、ジュースのようでジュースでない。

「ワインは全然わかんないわぁ〜」っておっしゃっていた参加者の方々も「コレだったら飲める!これ買えないの?」ですって。

残念ながらここでしか、今の時期しか飲めないのですね。

ペルレ

お酒が強いお二人も美味しそうに飲んでましたわ♪

能登ワインさん、おいしゅうございました。来年もこの味をきっと思い出すんだろうなぁ〜。

皆さん、ぶどう収穫時期になったら「ペルレ」ですぞ!

今回、ワイン教室のメンバーMさんも一緒に参加してレポートしておりますので、あわせてご覧くださいませ(おけいよりずっとアップが早いです^^)

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ←応援クリックお願いしますm(__)m ポチッとね♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔