2008年10月18日

夕日が沈む瞬間とお月さんが出てくる瞬間

先日の15日、金沢でお店ばたけの研修を受けた。その後は、能登有料道路で帰る。

今の時期はちょうど夕日が沈む瞬間を見ることが出来るのでラッキーなのだ。この日は5時半ごろだったかな。走っている車の助手席から撮った。

夕日

能登有料道路を降りて羽咋の町を走っていると、山からお月さんが出てくるではありませんか?5時40分ごろ。

お月さん

10分の間に両方見れておけい感動!!

家に着くころはもう真っ暗でお月さんも高く昇って照らしてくれていた。

お日様とお月さん、大自然の中で生かされてもらっているんだなぁ~って改めて思った日だった。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ←応援クリックお願いしますm(__)m ポチッとね♪

yumewaine1211 at 17:54│Comments(2)TrackBack(0)clip!okeiのこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kiyomi   2008年10月20日 13:31
最近は日の入りが早くなりましたよね。
早番で帰ると、夕焼けが綺麗に見れる事が多くなってきました。うちから海の方向には高い建物が少ないので、オレンジに染まる空がホント綺麗です。東方向には山があるので、月もいい感じに見えたりします。金沢に住んでた頃はあまり見なかった風景です。
2. Posted by おけい   2008年10月20日 15:38
@kiyomiさんへ
コメントありがとうです♪
津幡バイパスの平和堂の近くを通るたびにkiyomiさんを思い出していますよ〜。
あそこらへんは平野でのどかでいいところですね。
のんびり下道を走るのも気持ちいいだろうなぁ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔