2009年01月23日

デア・ノイエ ライニッシャー・ラントヴァイン2008

今回のワイン教室では、白(ドイツ)3本、赤(スペイン)3本をティスティングした。
今までフランスワインが多かったので、ちょっと新鮮な感じがした。

先ず最初のワインは「デア・ノイエ ライニッシャー・ラントヴァイン
ボジョレーヴィラージュ・ヌーボー解禁のときに、密かに人気があるドイツの新酒。毎年楽しみにされているお客様もいらっしゃる

デア・ノイエ ライニッシャー・ラントヴァインさすが新酒だけあってとてもフレッシュ!決して甘口ではなく、表示を見れば「ハルプトロッケン」トロッケンとは辛口のこと。ハルプは、半分、ハーフのこと。つまりやや辛口。辛口と言っても甘くはないという風にとらえて欲しい。

そんな中でもやさしい甘さを感じるし、心地よい酸味が後口をとてもスッキリさせてくれる。

初めてワインを口にする方にはいいと思う。

お寿しや会席料理など和食に合うとのこと。そういえばマダムが、おせち料理にもとってもあうし、美味しいよとすすめていたのを思い出した。

おけいの頭の中には色んな和食料理やおけいの得意とする残り物アレンジ、これで最後のおさらば料理(これはマダムだよ〜)の数々が浮かんできた。

和食は日本酒と決め付けず、このワインで飲んでみたいなって思った。さらりとぐいぐい いけそうだなぁ〜(笑)

デア・ノイエ ライニッシャー・ラントヴァインデア・ノイエ ライニッシャー・ラントヴァイン










立ちのぼってくる香りもおとなしくて、料理の風味をそこなわない控えめで爽やかなところが好ましい。色もやさしくて、キラキラ輝いていた。

正にフレッシュ!価格もリーズナブルで、1200円。残り在庫数本となっているのもうなずける。

詳細、ご注文はこちらをクリックしてください。




にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ←ブログランキングに参加しています。ポチッと応援クリックしてくださると嬉しいな♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔