2009年11月19日

ボジョレーヴィラージュ・ヌーボー2009の樽を抜栓しました。

本日はボジョレー・ヌーボー解禁日です。
朝からマダムはボジョレーヴィラージュ・ヌーボーの樽を抜栓し、瓶詰めをしました。

taru1

15Lのボジョレーヴィラージュ・ヌーボーの注ぎ口を抜栓。
漏れないようにセロハンが貼ってありました。

taru2

ソムリエナイフでゆっくりゆっくりと・・・

taru3

最初の頃は失敗もしたけれど最近はスムーズに抜栓できるようになりました。

taru4

見にくいかも知れませんがツンツルいっぱい入っています。

taru5

注ぎ口を取り付けます。

taru6

空気口を抜栓

taru7

ここらへんになると、店内にはとてもよい香りが漂ってきました。

taru8

手作業で、樽から瓶詰めです。

taru9

おけいはじめスタッフでシールを貼って、封緘して出来上がり。

taru10

とても綺麗なルビー色でしょう。
いつもの年よりも色が濃いような気がします。店中に漂っている美味しい香り・・・

あ〜早く飲みたい!

今年のボジョレーヴィラージュ・ヌーボーのティスティングコメントはこちらです。


ボジョレーヴィラージュ・ヌーボー&フランスワインの新酒&ドイツワインの新酒はこちらから

beaujolais




にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔