2010年03月22日

シャンドン グリーンポイント ブリュット


3月のワイン教室で最初にティスティングしたワインは

「シャンドン グリーンポイント ブリュット」

P1090534

フルーティでとても美味しい!

ドンペリよりももっと軽やかに感じました。

山菜の香りと酸味がよく合います。

P1090538

きめ細やか泡立は、シャンパンのよう!

実は今回のワイン教室に主人も参加したのですが、
彼は、「スパークリングワインはイヤだ。シャンパンがイイ」と、
常々主張しておりました。

そりゃ〜シャンパンがいいに決まっていますが、
スパークリングワイン、侮るなかれ。

おいしいのがあるから、トライしてみようよと、
何度言ってもうけつけない頑固者だったのです



が、



シャンドン グリーンポイント ブリュットを飲んで

「うまい!」と・・・



おけいは、Look at ZAMA〜、
してやったり(イエイツ!)と思ったのですが、
笑顔で
「でしょう〜良かったね〜」と
すかさず突っ込みました(笑)



マダムは、
「シャンドンの技術で、ドンペリと同じ配合で
作っている最高級の泡モノやからね。

オーストラリアの健全、健康なぶどうで仕込まれている分
よりわかりやすく普段着のドンペリ〜ってな感じですね。」


と、言っていました。



シャンドン グリーンポイント ブリュット

ハマりそうです(^^)v

主人は、「オーストラリアのドンペリだ」と、
言っています(笑)







にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔