2012年02月13日

新春酒蔵巡りツアー「日吉酒造」IN輪島

2月12日の寒い朝
西田酒店の酒好きメンバーと酒蔵巡りへ出発。
定員を大幅に超え24名で。

最初は輪島市の「日吉酒造」さん
おけいはお留守番でしたので、下記は
当店店長マダム櫻子=酒蔵巡り団長のコメントです。

DSC_0036

「観光地輪島のメインストリート朝市通りに蔵があり、
日曜、祭日はひっきりなしに観光客が訪れ、
輪島の浜に打ち寄せる波のごとく人ごみが絶えませんでした。

能登半島地震から7年、蔵の中には地震の
爪痕はあまり感じられませんでしたが、
そのことをお尋ねすると天井の梁やなんかが鉄骨で、
補強されており無傷ではなかったのだなぁと、
今さらながら復旧のご苦労に頭が下がりました。

ほぼ仕込は終盤に近づいており圧搾機から絞られた
ばかりの純米酒を呑ませてもらいまいしたが、
ピチピチと刺激的な炭酸ガスが良いアクセントになり
濃厚な旨味がスルリとのどの奥に流されました。

DSC_0034

日吉さんの仕込み水は、5メートルほどの深さの
井戸から上がっております。
輪島の町を守るようにそびえる山からの
伏流水でもちろん真水です。

日吉さんの裏はすぐ海で、塩分が混ざっているのでは
ないかと思われましたが、とても美味しいお水でした。

かつてこの場所は、砂浜だったそうですが、地震のあと、
地質調査をして地盤がしっかりしていることがわかり、
安堵されたそうです。

それにしても地面の下の構造は不思議なもので、
海水と真水が混ざらずに同居しているみたいに感じて、
ミナクルでした!

里山、里海の取材班が収録に来ており、
私どもの一行のMちゃんが、ほうろうタンクにかけられた
ハシゴを上り、タンク内のお酒の表面を覗いている写真の
モデルになりました。

とにかく店頭に押し寄せる人の波、波、波。
外は雪、寒くて寒くて酒粕で造られた甘酒の香りが、
人を呼ぶのかしぼりたての試飲案内が呼ぶのか、
てんてこ舞いでいらっしゃいました。

朝市通りに観光バスが付くたびに人々が入れ替わり立ち代り。
七尾の静かさを思うと羨ましい限りでした。

キレの良いスッキリとした味わいで輪島の朝市に並ぶお魚、
海藻、貝全部にピッタンコだと思います。

美味しいお酒ごちそうさまでした。」

とのことです。
朝市観光もしたようで、寒かったけれど
楽しかった様子です。

このあと2件目へ続く(^^)v




にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


yumewaine1211 at 18:28│Comments(2)TrackBack(0)clip!酒蔵巡りツアー | 日本酒

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by vanessabruno-pascher.pubidolo.net   2014年09月07日 09:31
Hello, I also want to share my thoughts here, when i don’t know even about a straightforward thing related to Personal home pages, I always go to explore that from net.
2. Posted by nwicplantsandfoods.com   2016年12月09日 12:22
These are genuinely awesome YouTube video clips, its my good luck to visit this web site 新春酒蔵巡りツアー「日吉酒造」IN輪島|今夜はワイン、それとも地酒(^_-)-☆ - livedoor Blog(ブログ) and finding these awesome YouTube video lessons.
nwicplantsandfoods.com http://www.nwicplantsandfoods.com/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔