2012年09月22日

ワイン教室IN四季の丘:テイスティングワイン


ふるさと体験村 四季の丘でのワイン教室は
夜も長いということでたっぷりとテイスティングしていただくことに!

マダムもテーマが決まるまでとても時間がかかりました。
「ボルドーの櫻ちゃん」と呼ばれているのと
ボルドーワインは世界的に最も有名なワイン産地であるので
世界のワインは、ボルドーのワインを基準として造っているといっても
過言ではないことからボルドーワインに決定!

まずはボルドーに縁のあるシャンパンから始まって
白ワイン→赤ワイン3種→ボルドーの泡モノ
→赤ワイン2種→デザートワイン

シャンパンは
バロン ド ロートシルト NV
73025w


白ワイン
シャトー クラレンドル ブラン 2010
73146-520


赤ワイン
シャトー ラ グロレ 2008
ujpg


クロ・レオ 2007
70786-520


シャトー ダルマイヤック 2007
70102-520w


ボルドー泡モノ
ラテイロン クレマン ド ボルド- ブリュット NV
73106-520


赤ワイン
クロ デ リタニ ポムロール2007
70541-520


ワインメーカーズ NO1 2005 ミシェルロラン
70128-520-9-15


デザートワイン
シャトー ルーミュー ラコステ クラシック 2007
73123-520-9-15

73123-200


以上ボルドー紀行を皆さんに楽しんでいただきました。

参加者の方の感想です。

・ボルドーでもこんなに味が違うとは思いませんでした
・グラスに注いた時と時間を置いたワインの味の違いがわかった
・時間が少し経過することでちょっとまろやかになったり、香りが変わるのがとても楽しかったです。
・フランス産は長い歴史に従って生産されていたのですね。
・貴腐ワイン初めて飲みました。トロけるような味わいに感動です。
・一つ一つを比べると全く違うことが面白く更に興味を持ちました。
・ワインを歴史に学ぶという感覚です。大変楽しかったです。
・ボルドーでも数多く飲み比べないと良さがわからない。
・ワインは畑のポテンシャルが基礎という点にかわりはありません。
・時間によるワインの味、香りの変化。生きているということ。
・ぶどうの美味しさとペルレと白ワインで口直しが出来る事
・ぶどうの出来が一番ということ
・作る土地柄、作る人の姿勢で味の違いが異なると知りました。


ご参加いただいた皆さま本当に有難うございますm(__)m
皆さまに楽しんでいただけて嬉しく思います!



にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


yumewaine1211 at 18:18│Comments(1)TrackBack(0)clip!  ボルドー | 道場&HP

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by portland urban blog   2016年12月09日 12:03
Ahaa, its good dialogue on the topic of this ワイン教室IN四季の丘:テイスティングワイン|今夜はワイン、それとも地酒(^_-)-☆ - livedoor Blog(ブログ) here at this weblog, I have read all that, so now me also commenting at this place.
portland urban blog http://www.portlandurbanblog.com/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔