2013年04月03日

ぶどうの苗植え体験をハイディワイナリーさんの畑でしてきました。


3月28日にぶどうの苗植え体験をしました。
場所は輪島市門前町鵜山のハイディワイナリーさんの畑。

ソーヴィニヨン・ブランの苗木
社長の高作正樹さんがキチンと処理をされたもの。
(処理とは伸びきった根っこを植えやすいように切ったりなど)

品種はソーヴィニョン・ブランです。

アメリカ系のぶどうに接木された部分が
ぽっこり膨れているのがわかります。

マダムのワイン教室の講座では習っているのですが、
実物を見て感動しました(^^)v

で、上の部分はロウで覆われていました。

ぶどうが休眠状態に入っている時に、表面をロウで覆うそうです。
その状態をフリーズするためです。

植樹して気候が暖かくなりぶどうが生命活動を始めた時から
いいタイミングでとれていくそうです。


DSC_1665

まずは苗を植えるために穴を掘ります。
最初は電気ドリルでダダダ〜っと!

この作業は、一緒に行ったワイン教室の仲間にお願いしました。
なかなかサマになっています(^^)v

DSC_1682

次に柄の付いたまっすぐのシャベルで
土を掻きだしてきれいな穴を作ります。

DSC_1673

そして植えます!
接木された部分のちょっと下の部分を残して
配置されている棒に沿わせます。

DSC_1675

先ほど掻きだした土を入れるのですが、
その時に土に空気を入れないようにぎゅ〜っと
おさえて入れます。

手はグーです!

DSC_1676

土を入れた後も空気が入らないように
かかとで土を踏みます。

苗木を接触しないように、力強く、ジャンプもして(^^)v
結構凹みました〜これが思ったより重労働でしたが
楽しかった〜

DSC_1677-1

マダムが植えている様子です(^^)v
愛情いっぱい注いで!


DSC_1680

一緒に行ったワイン教室のメンバーさん
窪さんです。

DSC_1678

マダムと正樹さん

DSC_1694

おけいも加わって・・・
合計48本植えました〜

って事で植樹した三人の頭文字をとって
「SOK48」と名付けて、これから育てていこうと思います。

DSC_1693


なかなか出来ない体験をさせていただき
心より感謝いたしますm(__)m

この日は寒くもなく暑くもなく風もなく
本当に作業がしやすい日でした!

これからぶどうの成長が本当に楽しみです(^^♪
マダムじゃないけど長生きしなくっちゃ!





にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックお願いしますm(__)m

Facebookはこちら。よろしくお願いします


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔